このエントリーをはてなブックマークに追加

一から始める知財戦略

知的財産全般について言及します。

弁理士試験 口述試験のポイント解説!(前編)

1.はじめに

 元々書くつもりはなかったネタなのですが、タイムリーな話題なので乗っかることにしました。

   私自身、某受験機関の講師をやっており(別に隠す話でもないのですがどこまで書いてよいのかわからないため)口述模試や練習会等の試験官という形で300人ぐらいは口述試験の指導を行ってきましたので、ある程度信頼性の高い情報は提供できると思います。

 

2.口述試験とは?

 口述試験は、毎年ホテルの部屋の一室等で行われ、受験生一人に対して、主査と副査の最低2名の試験官が口頭で問題の内容を伝え、受験生は一つ一つの問題に解答していくという形式の試験です。そして、口述試験は概ね10分程度で行われ、原則として制限時間内に用意されたすべての問題(10題程度)に解答する必要があります。

 また、この試験では、受験生が問題に対する正解を答えることで初めて次の問題が伝えられるため、受験生が正解を答えられなかったり、正解を答えるまでに時間がかかってしまうと、用意されたすべての問題に対して解答することができなくなってしまいます。

 そのため、明確にそのような決まりがある訳ではありませんが、例えば、「受験生がすべての問題に解答することができれば(時間が余ると雑談がされることが多いようです)」その科目は合格していると考えられますし、「終了の合図の時点ですべての問題に解答しきれなければ」その科目は不合格である可能性が高いと言えます。なお、実際の試験では、3科目中2科目以上合格していれば、口述試験は合格となります。

 ただし、年や状況により異なる形式で出題される例もあるとは聞いていますので参考程度でお願いします。

3.口述試験の特徴

 私の考える口述試験の特徴は、①解答のチャンスが複数回与えられる②すべての問題に解答しなければならない、③口頭で解答を伝えなければいけないという3点です。特に①及び②は、口述試験の勉強法に直結する非常に重要な特徴です。

 まず、口述試験は、試験官と受験生の会話(やり取り)により行われます。つまり、受験生が不十分な解答をしたり、問題の趣旨をはき違えた解答をした場合、試験官は想定した解答に至りやすいような(例えば、条件を限定できるような)「助け舟」を出すのが一般的です。このような形で、何度かやり取りを行い、受験生が最終的に正解に至ることができれば(時間を消費するにしても)、その問題は及第点ということになります。

 そして、①の裏返しになりますが、一問でも解答できない問題にあたった場合、受験生がその問題の正解を答えるまで、その問題の時間が続くため(状況によってはわからない問題を飛ばしてくれますが、最後に戻ってくる等)、最終的には時間切れになってしまいます。

 また、それほど問題になることはありませんが、「緊張して声が出なかったり」、「動作や癖が悪い印象を与えてしまった」といった一般的な面接のような要素もあります。

4.口述試験の問題

 さて、では口述試験にはどのような問題が出るのかということですが、口述試験の問題は基本的に以下の4つの分類に分けられると思います。なお、説明の便宜上、分類しただけで分類自体に大きな意味はありません。

  ⅰ)条文の暗唱

 例えば、「特許法29条1項の内容を条文に即して説明してください」と言うような問題です。

  ⅱ)趣旨(青本

 例えば、「特許法の趣旨を答えてください」と言うような問題です。

  ⅲ)簡単な知識問題(原則、論文試験の知識で対応可能なもの)

 例えば、「最初の拒絶理由通知が通知された後に、補正できる内容にどのような制限が課されますか」と言うような問題です。

  ⅳ)事例(原則、論文試験の知識で対応可能なもの)

 例えば、図のようなものが提示されて、その事案に即した解答を行うような問題です。

 口述試験には、このような問題が複合的な形で出題されます。口述試験を受けるのは、既に論文試験を突破されてきている方々ですから、実際に過去問を見たり、模擬試験を受けたりすればすぐにイメージはできると思います。